イライラしやすい性格は砂糖断ちすると治せるかもしれないという話

私について

些細なことでイライラしたり、すぐ人に言い返したくなる性格のYさん

「イライラしやすい性格を直したい。夫婦喧嘩にもなりやすいし、損してばっかりな気がする。どうすれば改善されるかな。」

こういった疑問に答えます。

この記事は砂糖の摂取を辞めたら、突然イライラしなくなった僕が書きました。

スポンサードサーチ

イライラしやすい性格は砂糖断ちすると治せるかもしれないという話

僕は元々イライラしやすい性格です。
ちょっとしたことでイラっとすることが日常的によくあります。

そんな僕の性格が、もしかしたら砂糖の影響かも?

と思ったのは、砂糖の悪影響を面白おかしく撮影したドキュメンタリーを見てからでした。
そのドキュメンタリーでは、ある俳優が2ヶ月間、毎日角砂糖を大量摂取するというものです。
結果を言うと、悲惨でした。

体重は激増し、顔はやつれ、精神は不安定な人間がそこにいました。
それを見て僕ら夫婦は二人で「2ヶ月、砂糖断ちしよう」と決めたのでした(^^)

マシュマロ一袋を一瞬で食べてドン引きさせた話

どれくらい甘いものが好きか伝わるエピソードだと思い紹介します。
普通の顔をして堂々とマシュマロ一袋を5分くらいで食べきって、妻をドン引きさせたことがあります。
僕は普通のことだと思っていたのですが、どうやら普通じゃないようです。

驚くべきことに、砂糖断ちするとすぐイライラしなくなった

効果は1ヶ月くらいで出ました。
最初の1,2週間は本当に毎日甘い物が食べたくなっていて、砂糖に飼われていたんだなという感じ(笑)

  • 1週間 – 毎日甘い物が頭をよぎる。いらいら。
  • 2週間 – 食べたいけど、我慢できる。
  • 3週間 – 誘惑はあるけど、結構平気になってくる。気分も落ち着いてくる。
  • 4週間 – 甘い物なくてもいいかも。全然イライラしない。

1ヶ月経ったころから、甘い物も特別食べたくなくなり、気がつくとイライラもしなくなりました。

イライラする原因は血糖値の波が関係している

イライラするのは砂糖を摂取した後の急激な血糖値の上昇と下降が一つの原因だと言われています。
糖を摂ると急激に血糖値が上がり、その後、急激に血糖値が下がります。
この上下運動が精神のムラへと繋がり、感情の起伏に大きく起因するみたいです。

イライラすると甘い物を食べたくなる人もいるかと思いますが、食べると完全逆効果ということです。

  • ①イライラする
  • ②甘い物食べる
  • ③血糖値が急激に上昇し、下降する
  • ①に戻る

一時的には幸福感に満たされますが、その後の反動が大きいため、結果的に辛くなります。
蛇足ですが、大手メーカーが作る安価なお菓子は、脳が砂糖中毒になるよう、配合などが研究されているので結構恐ろしかったりします。

砂糖の品質がイライラする性格に影響する

糖の品質もイライラに影響します。
糖によって血糖値の上がり方が違うからです。

具体的に、白砂糖と黒糖では、ミネラルが多く血糖値の上がりにくい、かつより自然に近い黒糖を摂取した方が良いということになります。

主観的な部分も大きいですが、実際に良い糖を使った食品を食べた時は、さほど感情に影響しないように感じます。

イライラしなくなる以外のメリット

砂糖断ちすると買い物が早くなる

買い物が早くなり、時間が節約できるようになりました。
単純にお菓子コーナーや、アイスコーナーに寄り道しなくなったからですね。
コンビニに行っても、和菓子や洋菓子があるコーナーは完全スルーできます。

砂糖断ちすると顔がむくまない

砂糖断ちしてから、顔がむくまなくなりました。
理由はわかりません(笑)
妻が朝起きて、顔だけむくんでいることがありましたが、今は殆どありません。

砂糖断ちすると痩せて顔がすっきりした

体重の増加はカロリーだけでなく、糖類も関係しています。
砂糖断ちすることで、妻は2ヶ月で3kg体重が減って大喜びしていました。
身体周りと顔周りがシャープになったのは、思っても見ない効果でした。

顔色が良くなった

妻の顔色がよくなりました。
砂糖断ちによって腸内環境が整ったおかげだと思います。
肌も強くなり、今ではノーファンデで外出することも多く、砂糖断ちは見た目の美しさにも一役買いそうです。

砂糖断ち + 低GIでイライラとは無縁になる

砂糖断ちの他に、低GI値食品を摂るとより精神が安定します。

低GI値の食品は血糖値を抑える効果があるからです。
僕は砂糖断ちから始め、さらに白米から低GI値の玄米に変え、高GI値食品を避けた生活を続けました。
結果、以前にも増してストレスフリーな実感があります。

低GI値食品については、調べるとたくさん出てきますのでご興味があれば検索してみてください。

砂糖断ち後の「砂糖との付き合い方」

僕は2ヶ月砂糖断ちをしましたが、イライラしなくなったので、付き合い方を変えました。
実際、完全に砂糖を断ち続けることは不可能です。

よって健康好きの妻の指導の元、砂糖のルールはこう決まりました。

砂糖のルール

  • ①料理に砂糖を使わない(別なもので代用する)
  • ②砂糖にこだわる
  • ③お菓子は良いものを食べる

①料理に砂糖を使わない(別なもので代用する)

炒めものや煮物の場合、塩を適量使って野菜の旨味を出したり、みりんを使うようにしています。
どうしても、甘さが必要な時は、はちみつなどで代用しています。

②砂糖にこだわる

砂糖は山程ありますが、血糖値が抑えられ、ミネラルが豊富なものを選択するようにしています。
(具体的には、てんさい糖・黒糖など)

③お菓子は良いものを食べる

砂糖断ちしたからといって、お菓子を一切食べないわけではありません。
ただ、口にするものの質を上げました。
質の良い糖を使ったこだわっているお店に食べにいったり、成分に拘ったものを口にしています。
普段あまり食べないようにしているので、一層美味しく感じられます。

まとめ : イライラしやすい性格は砂糖断ちすると治せるかもしれないという話

✓イライラする原因は血糖値の急激な上昇と下降
✓イライラには砂糖の品質も影響している
✓砂糖断ち+低GI値の食品を取るとイライラと無縁に
✓イライラ防止だけでなく、見た目も美しくなる

上記のとおりです。

あなたや、あなたの周りにいるあの人は、実は砂糖のせいでイライラしているかもしれません。

イライラするというのは、自制心が働いていない状態です。
砂糖を断つだけで、見た目もよくなり、自制する心も強くなるので、興味がある方はぜひ実践してみてください。

スポンサードサーチ