【断捨離】TVはいらない? TVを捨てた僕が得られたもの

断捨離したいYさん

「TVがいるのか、いらないのか? 断捨離に迷っています。TVを持っていない人の意見を聞きたい。」

こういった疑問に答えます。

スポンサードサーチ

【断捨離】TVはいらない? TVを捨てた僕が得られたもの

TVはいりません。

そんな僕も数年前までは、普通にTVを見ていたし、必須の家電だとすら思っていました。出来るなら「映像の美しい大きな液晶テレビ」に買い替えたいと考えていたくらいです。

そんなTV不要論を唱えるきっかけになったのは、引っ越しです。

引っ越しの荷造りの際「出来るなら、荷物をできるだけ減らしたい。TVって以外に大きいんだな。そもそも、次の生活にTVって必要なのかな。」
そう考え、思い切ってTVを捨てることにしたのが始まりです。

結果、TVは必須家電でもなんでもなく、むしろ僕には不必要な家電だったとわかりました。

TVがないと想像以上に部屋が広く使えることに驚き

TVがないことで、リビングをとても広く使えることを実感しました。

  • TV台が不要
  • コードもない
  • 場所によってTVを見るためのソファー等も不要
  • ついでに掃除も楽

1つ「物」を減らすだけで、複数の「物」を減らせるので想像以上に部屋がシンプルになりました。

遊びに来た家族、友人も最初、TVがないことに驚くも、「部屋がシンプルでいい」と褒めてくれました。


※実際の部屋

TVがないと寂しくないの? という意見に対しては断じて「NO」

当たり前のようにあったTVがなくなると、最初は物足りなく感じる人もいるかもしれません。
朝起きて、TVのニュース番組を見るのが習慣だったりしたら、なおさらでしょう。
ただ、人はすぐに適応する生き物で僕の場合、最初の1ヶ月で慣れました。

朝、CMや、不必要な情報を受動的に受け取る時間を窓を開けて小鳥の声や風の音に耳を澄ませる。
ベランダに出て、日光を浴びる。そんな余裕が生まれました。

TVがなくて、寂しいということは僕の場合全然なかったです。

TVがないと寂しいと思うことがそもそもまずい

TVは電源をオンにしてチャンネルを合わせるだけで人の声が入ってくるし、バラエティを見れば、賑やかで楽しい気分になるかもしれない。
ただ、TVを見ないと寂しさを埋めれない状況がそもそもまずいと思います。

寂しさの根源はどこから来るのか? という部分を見つめない限り、TVいらない派の仲間入りは難しいかもしれません。
そこまでして、TVを捨てたくない!というのであれば、TVを所有し続ければいいだけです。

NHK受信料を払わなくて済むので経済的・精神的にも楽

NHK受信料は義務になっていて、TVを持っている家庭は必ず払わなくてはいけません。
その額はおおよそ1万円。
TVを持っているだけで、年間1万円の固定費がかかります。

これが10年、20年、30年となったら、積もり積もってとても大きな金額になりますよね。

  • 1年1万円
  • 10年で10万円
  • 30年で30万円
  • 50年で50万円…

正直、僕は払いたくありません。

TVを所有していなければ、当然それは「0」です。
加えて、NHKの余計な催促や訪問もないのでとても楽になりました。

TVをなくしてから、集中力が上がった!

余計なインプットがない分、集中力が増した気がします。
TVを見ながらの「ながら作業」もないので、目の前の食事、会話、勉強、家での仕事に真摯に向き合えている感じがします。

渋滞や、人混みに入って疲れた経験をお持ちの方は多いと思いますが、TVも一緒だと僕は考えています。
1日中集中して生きているわけではありませんが、気を害するものとは、僕はできるだけ距離をおきたいです。

  • 毎日TVを朝、夜で合計3時間、通勤時間を入れて毎日合計4時間の無意識的なインプットをする毎日
  • 毎日TVを見ないで過ごし、通勤時間で毎日合計1時間の無意識的なインプットをする毎日

では、明らかに前者の方が、シンプルに生きられます。
TVを見ないと周りと会話が出来ないから必要だ。という意見もあるでしょう。
僕なら、TVの話題でしか会話に花を咲かせないコミュニティから距離を置きます。

そして、一秒でも「ビジネスや、もっと前向きな話し合いが出来る」ところに馴染めるよう努力します。

シンプルに生きるとはきちんと「NO」と言えたり、合わないなと思えば、しっかり距離を置けたりすることでもあるはずです。

TVがないと家族との時間が増えて、幸福度が増す。

TVをなくすことはシンプルに暮らす。ということであり、より豊かに暮らす。ということでもあります。

具体的には、朝、妻との会話にもゆっくり時間を使えますし、夜は夜で一家団らんすることが出来ます。
それだけで十分多幸感に包まれますし、豊かさを教授できます。

TVを見ながらでも家族とコミュニケーションを取れる。という意見もあると思います。

しかし、TVを見ながら心から家族と深い会話・コミュニケーションが取れるのか?というと、僕は懐疑的です。
時間が取りづらい現代社会だからこそ、ながら作業ではな、家族の時間はとても大切だと思います。

「TV番組を録画して、週末に一気に見る」のはナイスアイデア?

TVいらない派の僕の主観ですが、良いアイデアだとは思いません。
TVを置くスペース & NHK受信料を考えると「賢い風」の選択であり、それくらいしか見ないなら、いっそTVを処分したほうがいい気がします。

TVを辞める方法

TVを辞めるのはとっても簡単です。方法は主に二通りあります。

  • アイデア① : TVを見る時間を徐々に減らしていく
  • アイデア② : 一気に処分する

アイデア① : TVを見る時間を徐々に減らしていく

禁煙のように、徐々に対象から距離を置く方法です。
僕は実質、これでTVを処分するまで行動できました。
徐々に見る時間を減らすことで、興味が薄れていき、最終的に必要性を感じなくなります。

後は大掃除の時期や、引っ越し、何かしらのタイミングで処分すればいいだけです。
家族の同意も取りやすく、家族持ちの方にはおすすめの方法です。

アイデア② : 一気に処分する

単身者の場合、家族の反対などにも合わず、とても効果的です。。
具体的に、僕の妻の弟のケースを紹介しますと、僕と妻が一人暮らしの家に遊びに行った際、物があまりに多かったため、洋服や不用品の処分から始まり、TVを無理やり処分させました(笑)

半強制的な行動でしたが、半年後、妻の弟はTVがない生活にすっかり馴染み、時間も増えたようで喜んでいました。

TVはないけど、パソコンで映画はガンガン見ます

映画ライフはビデオ・オン・デマンドがあれば十分過ぎます。
タイトルも続々増えるし、その中から面白そうなものを選んで見ています。

» FODプレミアム
今なら30日間お試し無料

会員になれば月額約1,000円ほどかかりますので、結果、NHKの受信料とさほど変わりません。
見ない時期は解約して、見たい時に再契約すればいいだけなので、固定費というより、変動費に近くTVを所有するより経済的です。

まとめ : 【断捨離】TVはいらない? TVを捨てた僕が得られたもの

✓TVがないと部屋がシンプルで美しくなる
✓TVがなくても、全然寂しくない
✓NHK受信料が不要
✓余計なインプットがなく、集中力が上がる
✓家族との時間が増えてハッピー
✓TVがなくてもビデオ・オン・デマンドがある

上記のとおりです。

TV関係者や、仕事でTVを扱う場合は別だと思いますが、パソコンがあればTVの代わりは十分できます。
スペースも取らないし金銭的コストもさほどかかりません。
「得るは捨つるにあり」

TVを捨てると色々なものが手に入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です