FX自動売買ツールで詐欺に合わないための3つのポイント!

FX業界では当たり前に使われるようになった自動売買ツール。

これからFXにチャレンジしようとしている方の中には「自動売買ツール」という存在に気付き、これなら楽に儲けられると意気込んでいる人も少なくありません。

しかし、FXの自動売買ツールの中には詐欺のような商品もたくさん出回っています。

そこで、必要となってくるのがFX自動売買ツール「EA」に関する正しい知識です。

ここではこれからFXをはじめようとしているあなたが、おかしな「詐欺まがいな自動売買ツール」を掴まされないために必要な情報をご紹介していきます。

ぜひ詐欺ツールの特徴を覚えておき、無意味な損害を出さないよう心がけてみてください。

スポンサードサーチ

FXの自動売買ツールで詐欺に合わないための知識

それでは実際にFX自動売買ツールを取得する際に、詐欺被害に合わないための知識をご紹介していきましょう。

ちなみに結論から申し上げますと、「絶対に儲かる!」などと強い表現をしている広告やサイトはかなりの確率でアウトです。

そもそもFXの世界に絶対儲かるツールなど存在しません。

もしそんなものがあったとしたら世界中が大金持ちだらけです。

ちなみに、FXというものに興味があるけど、どうもネット上でおすすめされているFXサイトや自動売買ツールというのには「詐欺的ななにか」の匂いがする・・・。

そんな風に考えている方も少なくはないかと思いますが、それは半分正解で半分が不正解です。

たしかにネット上には「必ず儲かるFX!」「この自動売買ツールを使えば1ヶ月で数百万円が楽に稼げる!」といった触れ込みの広告が溢れかえっています。

いまどきこんな手法の詐欺に引っ掛かる人がいるのかというほど雑な作りのサイトや広告も多いのですが、まずは詐欺サイト・詐欺ツールに引っ掛からないための見極め方として「絶対・必ず」といった文言を使っているところは信用しないということです。

また、自動売買ツール=EAであれば高額で販売されているEAもあまり信用しない方がいいでしょう。

というのも自動売買ツールというのは無料の方が実は優れていることが多いのです。

このような詐欺に合わないための知識をひとつずつ順番に詳しく解説していきますので、どうぞこれからFXをはじめるという方は参考にしていってください。

自動売買ツールを取得する際、詐欺に合わないためのポイントは3つ

<FX自動売買ツールで詐欺被害に遭わないための3つのポイント>

  1. 「必ず・絶対はNG」
  2. 「有料よりも無料」
  3. 「バックテストとフォワードテスト」

それでは具体的に自動売買ツールにおいて詐欺被害に遭わないためのポイントを見ていきましょう。

「必ず・絶対はNG」

まず先ほどもご紹介しましたが「必ず・絶対」という言葉を使っているサイトはアウトです。

こういったサイトで提供しているEAは無料であっても有料であっても信用がありませんので覚えておきましょう。

というのも、まず商品を売り出す際に「絶対・必ず」といった言葉を使うことは合法的ではありません。

景品表示法違反の疑いすらありますので、まず手を出さないことが懸命ですね。

「有料よりも無料」

次に「有料よりも無料」という部分ですが、有料の自動売買ツールというのは「販売者側からすれば売れたらそれでおしまい」といった商品です。

そのため、購入した商品が正常に機能して儲かろうが詐欺的な偽ツールであろうが売る方としては関係ないわけです。

しかし、無料の自動売買ツールというのは「提供者側からすれば、受け取った側が利益を出さないと信用性に響く」といった側面があります。

この仕組みを考えれば、どちらが自動売買ツールの開発に力を入れているかは一目瞭然ですよね?

「バックテストとフォワードテスト」

そして、最後に「バックテストとフォワードテスト」という部分について見ていきますが…、

FX業界においてバックテストとは過去の取引結果のことを指し、フォワードテストというのはこれからおこなう取引結果のことを指しています。

そして自動売買ツールを販売もしくは無料で提供する側からは、だいたいバックテストの結果というものが開示されています。

バックテストの一例↑

これは「この自動売買ツールを使ったらこんなに儲けたよ」というアピールでもあるわけですが、ここにひとつの注意点があるるわけです。

それがバックテストの期間というもの。

バックテストは実際に過去の取引結果を示しているものですから信用性の高いものではあるのですが、たとえばそのバックテストの期間が短ければただの「まぐれ」である可能性があります。

また、よかった結果だけを開示している場合や、最悪の詐欺業者であれば別のツールで成績のよかったバックテストを広告に使っている場合もありますので注意が必要です。

そのため、長期的にひとつの自動売買ツールを使っているサイトなどを見つけると詐欺被害に遭わなくすむということになりますので、ぜひ自動売買ツールを提供しているそのサイトがどれくらい更新されているものなのかもチェックしましょう。

まとめ:FXの自動売買ツールで詐欺被害に遭わないためには実績を見ること

ご覧いただきました3つのポイントを抑えておけば、まずFX自動売買ツールにおいて詐欺被害というものに遭うことはないと思いますが、とにかく自動売買ツールを提供しているサイトの実績を確認するということが大事です。

ちなみに詐欺サイトの特徴としては「1ヶ月で数百万円を儲けた」「羽振りのいい画像を掲載している」「バックテストの表示がない」などが挙げられます。

また、有料ツールで10万円~20万円以上のものや初期投資が数十万円以上掛かるものというのはかなり怪しいですね。

有料の自動売買ツールを購入する場合は、だいたい5万円以下くらいのものであれば製作者が本気で開発したものかもしれませんので、使ってみる価値というのはあるかも…しれないとだけ述べておきましょう。

ただ、こちらのように「XM用の両建て無料EA」といった優良ツールがタダで手に入る時代ですので、ぜひ参考までにご覧になっていってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です