【事実】海外FXでEA(自動売買)するならVPSは必須ですよ〜

VPSを契約しようかと思っているYさん
「海外FXでEAを(自動売買)をしたい。VPSを利用したいけど、どこで契約したらいいのだろう」

こういった疑問に答えます。

今回、VPS必須の理由とVPSの選び方を書きました。

海外FXでEA(自動売買)するときにはVPSは必須です。
ちなみに僕はXM、TitanFX、AXIORYでEA(自動売買)を稼働していますが、それぞれ別のVPSを契約しています。

スポンサードサーチ

【事実】海外FXでEA(自動売買)するならVPSは必須です

  • 必須な理由① : 24時間PCを立ち上げなくてもいい
  • 必須な理由② : 約定スピードが上がる
  • 必須な理由③ : 停電に強い

必須な理由① : 24時間PCを立ち上げなくてもいい

EA(自動売買)はMT4が立ち上がっている時にしか稼働しません。
必然的に、PCを24時間立ち上げておく必要があります。

VPSを活用すれば、サブPCを用意しなくても遠隔地でEA(自動売買)を常時稼働させておくことができます。

必須な理由② : 約定スピードが上がる

最大のメリットです。
適切なVPSを利用すれば、数十倍から数百倍約定スピードが上がります。
約定スピードが上がると、注文が滑らないので、利益が多く残ります。
雇用統計時にも、スプレッドが開くことなく、注文を通すことができます。

必須な理由③ : 停電に強い

VPSは基本的に24時間の稼働環境を提供するサービスのため、PCがシャットダウンされてももEA(自動売買)は稼働します。
安心・安全にEA(自動売買)を任せることができます。

デメリット

費用がかかる

VPSの利用には基本的に数千円の月額費用が掛かります。
年間では数万円にものぼりますので、数万円程度の資金での運用あれば、VPS月額費用だけで赤字になってしまうことが考えられます。

対策として、資金がないときは、自宅PCやサブPCで24時間常時接続環境を構築した方がいいでしょう。

VPSの選び方

結論から言います。

海外FXブローカーのデータセンターがある場所のVPSを契約すればいい

これだけです。

海外FX大手三社の例

  • XMのデータセンターはロンドンなのでロンドンのVPS
  • TitanFXのデータセンターはNYなのでNYのVPS
  • Axioryのデータセンターは日本なので日本のVPS

を契約すれば間違いありません。

おすすめのVPS業者

Xmはbeeks

» beeks

TitanFX、AXIORYは使えるねっと

» 使えるネット

がおすすめです。

僕も使っていますが、快適であり約定スピードもいいです。
ちなみに、10ms = 0.01秒です。

こうしてみると、TitanFXの約定スピードは抜群ですね。

まとめ

VPSは費用だけで判断するのではなく、ブローカーがどのデーターセンターを使っているのかで、VPSを選ぶと約定力も上がり間違いありません。

ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です